忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
前途多難な写真撮影

模型を作ったら完成写真を撮る
なんてことは今や普通のことなんでしょう

私自身はあまり写真にこだわりなく,通常の撮影はコンデジに全てお任せしております
今回,「模型の写真」を初めて撮ったわけですが,これがなかなか手強い

普通に撮ったら真っ暗
近寄ったらぼけぼけ
あっちこっちのHPを見て周るとどれも素敵な写真ばかり

数日かけてようやくスタイルが決まりました
IMG_0109_3.JPG
この部屋は天井高が1400mmと低いので,サークラインの蛍光灯がメイン光源
しかし,丸い映り込みが出来るので,塩ビ板のナチュラルで拡散させてます
手前には電気スタンドを配置これまた拡散
部分的にハイライトを入れるためには,作業灯を手持ちで使用
これが現時点の精一杯です
ちなみに作業用ハロゲンランプも使って見ましたが,色がオレンジでダメでした,一番光量あったのに・・・

出来上がりの写真は師匠に合格頂きましたが,まだまだ光量足りず暗い感じ
デジイチなら光量が少なくてもシャッタースピードやらで調整できるようですが,使いこなす自信なし(爆)

そのうちまた補強しようと思いますが,模型作りからさまざまな脱線を繰り返しているような
製作記よりも環境整備のほうが記事多いんじゃないかなぁ(笑)

PR
【2011/05/23 21:31 】 | 作業部屋&工具など | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<Shelby Cobra 427S/C(1) | ホーム | PORSCHE 917K(9)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>